クルーズでネット事情

船内のWifiは、十分に使える物でした。コロナウイルスでのダイヤモンドプリンセスでの船内Wifi特に凄かったと思います。噂では政府の緊急衛星回線を使用した物らしいです。

世界一周時のサン・プリンセスでは、10分の動画を上げるのに30分から2時間くらいでした。Youtubeのシステムが素晴らしいので途中で切れても復活しますし、Googleの回線は異常に早いので他社サービスだと遅いです。例えばLINEに動画を上げる事は、ほぼ不可能でした。

Google以外のサービスでは、時間帯(船内での回線使用率)によっては、例えばLINEで静止画の画像すら送れませんでした。夜中などは快適に繋がります。株価を見たり指値注文を出すくらいなら十分に可能でした。デイトレは不可能だと思います。

ダイヤモンド・プリンセスではコロナの隔離前は、サン・プリンセスより遅い感じでした。おそらく利用者が多いのだと思います。

費用は使い放題でサン・プリンセスでは98日間で599ドル(1日500MB)でした。ダイヤモンド・プリンセスでは16日間135ドル(1日200MB)※1日の利用制限は表記されてましたが無制限に使えるようでした

ご夫婦で2回線申し込んでる方がいましたが、テザリングを使えば1回線を2人で同時に使えます(離れたらダメですが)。

船内のインターネットが、そこそこ使えるので寄港地でのSIMやレンタルWifiは考えたほうがいいです。マップもダウンロード型のアプリを使えば船内でダウンロードして寄港地でオフラインで利用可能です。

ワールドクルーズではポケトーク(翻訳機)を持ってる人が多かったですが、「使い物にならない!」と仰ってた方が多かったです。